教職員から |  2019/08/22

総合文化学科・松村先生の監修の「原始文化  下」が出版されました。

上巻は、3月に出版されています。
みなさま是非お手に取ってご覧ください。



国書刊行会
原始文化  下



文明のなかに未開を見る。

本書の目的は、文明の斉一性と段階的発展を、低い段階の民族と高度な民族との関係に注目しながら考察することにある。

下巻には、アニミズム教義の概略として、転生説、死後の世界、霊の教義、霊的存在の分類、多神教、二元論、至高神、最高神を検討する「アニミズム(二)‐(七)」、宗教儀礼のなかから、祈り、供犠、断食、人為的忘我、方角の決定、祓い、の発展過程を概観する「儀礼と儀式」、そして「結論」を収める。

文化の普遍的発展理論を追い求めた人類学者による、〈文化の科学〉の金字塔!

著:エドワード・バーネット・タイラー
監修:松村一男
訳:奥山倫明/奥山史亮/長谷千代子/堀雅彦
価格:6,600円 (税別)
ISBN:9784336057426
発行:国書刊行会

【国書刊行会  作品紹介ページ】

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ