お知らせ

お知らせ

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学生への緊急経済支援について【6/1追記】

2020年4月30日
(6月1日更新)

学生、父母・保証人の皆さま

和光大学      
学長代行 半谷 俊彦


新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学生への緊急経済支援について


 和光大学では、今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済支援のための取り組みとして、以下の実施を決定しましたので、お知らせいたします。

1.オンライン授業の受講環境整備のための特別給付金の支給
 オンライン授業の受講に必要な機器(パソコン・Wi-Fiルータ等)の整備や通信費にかかる負担軽減のため、すべての学生(※1)に対し、1人あたり5万円の特別給付金を支給する。なお、当該給付金は返還不要であり、各自申請後、6月上中旬を目途に支給する(※2)。

※1:大学院生を含む。また、前期・通年休学者、科目等履修生、特別聴講生、研究生は除く。
※2:申請にあたり必要な要件があります。

2.芸術学科実験実習費の減免
 表現学部芸術学科の前期実習科目について、対面による授業実施が困難である状況に鑑み、芸術学科のすべての学生を対象に、2020年度実験実習費を4割減免する(※3)。減免分は6月上中旬を目途に返金する。
※3:2017年度以降入学者は2万円減免、2016年度以前入学者は1万2千円減免。前期・通年休学者は除く。

3.授業料免除制度の枠の拡充および申込期限の延長
 家計急変のための生活支援として、本学独自の授業料免除制度の採用枠を拡充する。また、申込期限を延長する(※4)。
※4:4月末日までの申込期限を学部生は6月末日、大学院生は5月末日までに延長。


 上記の実施方法等の詳細については、決定次第、本学ホームページおよび和光ポータルにてお知らせいたします。
 なお、本学が設けている経済支援制度には、他に、学費延納や和光大学給付奨学金があります。また、国の修学支援新制度や日本学生支援機構奨学金も利用可能です。これらの詳細については、本学ホームページの新型コロナ対応特設ページをご覧ください。
 本学が提供する経済支援の内容については、状況の変化により、今後、変更が生じる場合があります。最新の情報は、本学ホームページおよび和光ポータルにて、ご確認ください。



(6月1日追記)特別給付金支給申請期日の延長について

 オンライン授業の受講環境整備のための特別給付金支給の申請について、当初5月31日(日)を期日としていましたが、6月15日(月)15時まで期日を延長いたします。いかなる理由があっても、期日を過ぎた後の申請は受け付けることが出来ませんので、必ず期日までに申請してください(既に手続きを終えている方は再度申請する必要はありません)。

※和光ポータルにて手続き方法を掲載していますので、各自和光ポータルにログインして案内を確認してください。
 和光ポータルホーム画面:「緊急連絡」内の6月1日付配信「【重要】オンライン授業の受講環境整備のための特別給付金支給申請期日の延長について」参照


【特別給付金に関する問い合わせ先】
和光大学 事業室 経財係   keiri@wako.ac.jp(受付時間:平日10時〜17時)
※受付時間外および土日・祝日の問い合わせは翌営業日以降の対応となります。





このページの先頭へ